2012年09月23日

2011.3.11〜東日本大震災〜

 先日、実に2年ぶりでブログをアップしたと書きました。
あまりパソコンに詳しくないもので、メールの取得やら何やらで
手をつけるのがおっくうなこともあり、やっとやっと再開したのでした手(チョキ)

タイトルでもあるあの日から私の生活は一変しました。
当時私は福島市に住んでいました。
幸いにも我が家は地盤が固いのか、新築だったためか家の中のものはたいして落ちたり
壊れたりはありませんでしたが、周囲ではレンガが落ちてたり塀が崩れていたり、
マンホールが突出していたり、一体何があったのかと信じられない位でした。

上の息子二人は下校近い時間だったようで、走って迎えに行った時には集団下校で
帰ってくるところでした。

午前中はあんなにお天気が良かったのに、地震後間もなく急に寒くなり雪も降り出し、
信号も止まったのでクラクションを鳴らす音、パトカーや救急車のサイレンが鳴り響き、異様な光景だったのを覚えています・・・

三男を主人がすぐ保育園へ迎えに行ってくれたためすぐ家族5人揃い一安心しましたが、
家の電気がつかない、外も真っ暗な中、携帯のテレビで今何が起こっているのかを知ることができました。

東北三県の沿岸部が大変なことになっている!

ニュースでは日本地図の東北三県を中心に赤いラインが点滅して映っている。一部の津波情報も知り
我が県でも恐ろしい事態が起こっているのだと夜になってわかったのでした。

私の実家は福島県浜通りです。。

実家は海から離れているけれど、私の祖父母宅やお墓は海のほうにあります。

まさか、ばあちゃん家も!?

実母の安否もわからない。。。

何度も何度も携帯から母の携帯にかけるけど全然繋がらない。
余計に焦る。。。
でも、うまく電波が通じたのかかかり、母は無事、親戚も無事だということを知り
安堵しました。

電気がないと本当に世の中真っ暗なのです。

石油ストーブがあったので、それで暖を取れたしうっすらと明りがあり心強いですね。
また、お湯も作れたので食事も取れました。

懐中電灯の調子が悪くて、ロウソクもあまりなかったので
次の日も使えるように早めに消して寝るようにしました。
また地震が来るかもしれないと、居間に布団を敷いて服のまま全員固まって寝ました。

でも、もちろん眠れるはずもなく・・・
沿岸部ではどうなっているのか気が気でなくて
深夜に車に乗り、エンジンをかけてテレビを見ていました。

まさか、こんなことが起きようとは・・・

一生忘れることのできない東日本大震災。

それぞれいた場所で経験したことは違うけれど
地震の恐ろしさ、津波の恐怖、
家族の絆、備蓄の必要性、情報の確保、

いろいろ心に感じる事がありました。


あれから1年半が経ちました。

そしてこの経験から今日に至るまで
たくさんの出来事もありました。

少しずつ、あの時からの我が家について
載せていけたらな、と思う・・・

できるなら、自分が味わったことや感じたことを
ここに記し、残していきたい・・・


自分が忘れない為にも・・・





posted by カスタムまむ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

実に2年ぶり

長男が勝手にPCをいじって壊してからというもの、修理に出したあとから
このブログに入れなくなってしまった。

気にしながらも月日は経ち、そして2011.3.11

その日からいろいろあって、

今日、実に2年ぶりにブログを更新することが出来ました!

すべてが2年前のまま

ブログを止めるつもりで再開したのだけれど
改めて読んでみると止めるのも惜しい

もう少し 続けてみるかな・・・
posted by カスタムまむ at 15:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

運動会のあと・・・

運動会のことは前回書きましたが、

運動会翌日に長男が熱を出した。

高熱だったのでかかりつけの病院に午前中に行ったのだが、ちょっとの差で午前の診察受付が終了していたために一旦帰宅することに。

長男、その時40℃!
布団に寝ていた長男、突然ガサガサ動き出し、意味不明の言葉を発し、

いきなりこめかみに両手をあててベットから飛び出してはだしのまま開いていた窓から外に駆け出していってしまったのだ!!

やばい!幻覚にしても外に出るのは重症だ!
と焦った私。

すぐに戻ってきた長男を、お願いしてかかりつけの病院に受診した。

結果は様子見とのこと。

幻覚を起こしたことを長男も覚えていたので、(異常なときは覚えていないらしい)頭の問題はなさそうだということでした。

しかし、40℃からなかなか下がらずその日の夜には
「赤いおしっこ」 が・・・

以前に高熱を出した時、トマトジュースのような恐ろしいおしっこをし、そのまま入院になった経緯があったので、今回も入院になるかもしれないと思った。

次の日には
「コーラ色のおしっこ」を・・・

医大に連絡し、医大受診となった。
その時は、熱も下がり始めていて長男も元気になってきていたが。。。

「慢性腎炎に血尿は宿命だと思っていてください。」

と言われました。
「血尿になっても回復すれば問題ないけど、それがいつまでも続くようなら問題あり。」と。


長男は、風邪薬と抗生剤を飲み熱も下がり元気になったので安心しました。
1週間学校を休むことになった。その間に国語の勉強では「形容動詞や助詞」の勉強をしていたみたいで、その後の宿題やテストを見ると、殆ど空白や間違っていてついていけていないことが判明した。

長男は毎月通院で学校を休んでいるし、熱が出れば今回のようにまるまる休んだりもする。
確実に勉強が遅れてきていることを実感し始まった時でもあった・・・
posted by カスタムまむ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退院後初回通院

新年度が始まり、我が家の長男は4年生になった。その最初の通院のこと。。


いつもの採血がなかったのでだいぶ早く診察が終わった!


先月の腎生検の結果を聞いた。
「ステージは6段階あるうちの1から2の辺りです。潰れた糸球体もなかったし、壊れた組織もだいぶ回復していました。」と。

「プレドニンは止めましょう。ネオーラルは160mg40mgに減らしていきます。代わりにコメリアンコーワを追加します。レニベースとブロプレスは、腎臓を保護する役割がありますから飲んでいても差し支えありません。」と。


運動制限もなくしてもらいました!!

プレドニン服用がなくなってしばらくしたら頬がまたスッキリしてきましたわーい(嬉しい顔)

その後運動制限も解除された長男は、運動会にも参加し徒競争もほかのレースも完走した。

ただ、マスクをつけたままだったのが「え〜ふらふら!」
だったけど。(朝、マスクは外してね、と念を押したのに・・)

去年の運動会は参加はしたけどすべてみんなより出遅れてゴール近くで歩く、というものだった。

本来の長男の運動能力とのギャップに悔しくて、どうして腎臓病になんてなってしまったのだろうと泣けてきた。

あれから一年経って、私はまだ運動会には普通に参加できないだろうと思っていたのを覆し、長男の体調も順調に回復し運動制限解除にまで来ることができた。

激しいスポーツはまだしてはいけないけれど、
プレドニンの服用がなくなったことは大きい。

あとは免疫抑制剤のネオーラルが減っていければ
今現在の副作用もなくなるだろう。

長男の体力に期待する・・・

posted by カスタムまむ at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

次男の耳鼻科通院

我が家の次男は、赤ちゃんの時から中耳炎だ。

滲出性中耳炎をずっと持っていて何回か鼓膜切開しているし、水を排出するためのチューブも入れたりもした。
薬はずっと処方されており、薬がなくなった頃に通院という形でずっときていたが、一向に良くならないため、今回の通院でまた鼓膜切開をし、チューブ

を入れた。たくさんの水が抜かれたようだ。


最近ことに音の聞こえが悪く、一度の声掛けで返事がくることなんてなくてこんなんで大丈夫かと心配だったが、チューブを入れたことでだいぶ聞こえ方が良くなったみたいだ。

「今までの聞こえ方と違う」と次男。

次男は聴力が平均値よりはるかに下で難聴と診断されている。
鼓膜が内側に入っていて、成長と共に良くなっていくのを待つしかないと言われているが、このままだと鼓膜が癒着してしまうとのことだった。


将来就きたいと思った職業に就けなくなるかもしれないとも・・・


耳の聞こえが悪いために友達とトラブルを起こしたりとか勉強がわからないといった心配事は今のところないけれど、もう少し大きくなった時に耳が悪いままだったら心配事はつきなくなるだろう。。

posted by カスタムまむ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

検査入院 退院

 

 

夕べは眠れなかった。なので朝から頭痛がするし、動悸まで。
ここ数日 耳が詰まるしでやはりストレスはあったのだろうね。

今回は荷物も少なかったので片付けも楽。
退院手続きに呼ばれるまで朝から待っているだけだった。

長男は、わけわからん子供特有のオフザケ発言ばっかりしていて、付き添いしている者にとっては気に障ることも多かった。
こういう言葉はアニメ雑誌とかで覚えてくるようだが、例えば弟の迎えがあって病室に着くのが遅かった時「ど〜こで道草くってたんだい〜?」とか、

食事を下げるときも「持ってってくれたまえ」と言う。

正直カチンと来る。
減らず口たたくなと思ってしまう。

本人は暇な毎日をベットから動けず母の帰宅を待っていたわけだから可哀相だとは思うが。。

 

退院手続きが出来るという知らせが来たのは正午過ぎ!待ちくたびれた。。
昼食はもちろんないしで、周りでは昼食を食べているのにカランコのベットで待っていた。

 

午後から遅刻をしたけれど仕事に行った。

帰宅して三男とお風呂に入り、やっと布団に入った。
実に十日ぶり。
隣には三男が寝ている。

やっといつもの生活に戻ったんだ。


すごく幸せに感じる。

当たり前なことが幸せだったんだなあって改めて気付かされたな。。

 

明日からまた自宅での忙しい日々が始まる。頑張らなくちゃ!!

posted by カスタムまむ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

検査入院9日目

今日も私は仕事。
予定では明日が退院日だし、入浴の日でもあるので19時まで病室に入りたかったのに、18時過ぎにパパから仕事が終わらないからせめて三男だけ迎えに行ってくれと。

早く帰りたかったけどどうしようもない、私が三男の迎えに行った。
家の近くのコンビニで三男を引き渡すため待ち合わせをしたが、20分以上待っただろうか。
その間、三男を膝に乗せてハンドルを握らせながらパンを食べさせて待っていた。

やっとパパが来て引き渡そうとしたら、三男は嫌だと突っ張ってパパの車に入るのを拒否。
お菓子でつってもダメ。

時間がないので無理矢理押し込んで医大に向かった。

旦那いわく「子供はもう限界なんだ」と。

確かに二歳になったばかりの三男、前回は生後半年からでママの存在もよくわからない時期だったからかえってよかったのかもしれない。

でも今回はちゃんとわかっている。

三男には「ママはお仕事」と教え込ませ納得させていた。、、、
でも長男の入院は明日で終わり。や

っとこの生活から解放される。

今回の入院はなんだか友達も出来ず、最後まで長男は一人でベットで過ごしていたからつまらなかったんではないかな。

ママも後半から仕事を始め日中は病室から離れていたので独特のストレスから一時解放されたりはしたけど、夜直行で病室に戻ってみればなんだか余計に疲れがのしかかってきていた。


もう入院なんてしたくないものだ。。

posted by カスタムまむ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

検査入院8日目

今日も私は出勤。
8時20分まで職場に着けば間に合うのだが、7時15分に病室を出ている。

ここ最近寒く、腎生検を行った日も昨日も雪が降っていた。
間もなく4月になろうとしているのに、桜も咲く頃だというのに、お天気も気まぐれだね。

今日は帰る時間頃になってパパから、仕事が終わらないから次男と三男の迎えをしてくれと連絡があった。
そんなもんで仕事を予定より早く切り上げて急いで子供の迎えに。
家でやれることはやってパパ帰宅後やっと医大へ。
病室に着いたのは20時過ぎでした。

私が日中いないせいか、先生に退院はいつという話がない。
予定では明後日なんだけど。。
消灯後に見回りに来た看護師さんにその件を伺うことができたので一先ず安心した。

posted by カスタムまむ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

検査入院7日目

今日から私は仕事に出た。
やっぱり付き添いしていても仕事をしていた方がメリハリがついていい。
長男は完全付き添いしなくてもいいし、日中ずっとベット脇にいるのは非常に腰が痛くなる。
床に寝袋敷いて寝ているので体の疲れは取れないし、朝早くに静かに準備して仕事にたつのは疲れるけれど。

長男はベットから動いてはダメなだけで元気だし。

前回の入院の時と比べて違う所が多々ある。
@朝6時過ぎると廊下の電気がついていて結構人が動いている。洗濯機も回り始め病室の外は以外に動き始めている。
A反面この病室では7時過ぎるまで静か。
Bカーテンを閉めているのでお互いの会話がないし、情報交換にまで至らない。
C朝食が来るのが若干遅くなっている。

前回同様のほかに先生が二人したいなかったこと、お風呂の決まりが少し代わっていたことなどかな。

以上、前回の時は全部反対というか違っていました。

 
posted by カスタムまむ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

検査入院5、6日目

5日目は、おばあさんが一日付き添いをしてくれた。
おばあさんとお話しをしたり、絵を描いたりしていたみたい。
その間、私は壊れた携帯を修理に出しに行ったりお風呂に入ったりして
つかの間だったけど家にいれた。。
夜にまたおばあさんと交替した。

6日目は日曜日。

トイレのみ歩いて行けるようになったのでさっそく大きい方をしにいっていた!

食欲もあり、元気もありで退院を待つのみ。

腰の痛みもなく、尿の色も良くなってはきている。
DSCF0798.JPG←刺した場所が殆どわからない。

 

同室の子はみんな男の子。

窓側の二人は多分血液の病気かと思う。

一人が治療のために点滴で薬を入れ始めたようで、数日ずっと気持ちの悪さと必死に頑張っている。
夜中嘔吐したり、うなっていたり、小学低学年の子が必死に耐えているのをカーテン越しに見ていると辛いです。

どんな病気にせよ、退院できるまで副作用の強い薬を入れ続けなければならない。

なんで病気になってしまったんだろう。
本人、家族、誰もが投げかける疑問だろう。

今回は検査のための入院だから長男も腎生検前後以外は特に治療もなくのんびり過ごしているので、今現在辛い治療を行っている子を見ると申し訳なく感じてしまう。

長男が病気になったからこそ知ることが出来た小児病棟。

皆が病気を克服できるように願います、、

posted by カスタムまむ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

検査入院4日目

仰向け寝でしかいられず、うつぶせはまだダメとのことなので横向きになったりと姿勢が落ち着かず。

夕食時の回診で、起き上がって食べてもいいと言われたので長男は喜んで起き上がって食べ始めた。
でもすぐに「腎臓が痛い!」と食べるのもままならず結局横になりながら食べさせる形になった。

寝ている時は痛くなかったのに起き上がったら急に痛みが出たようだ。。
尿もまだオレンジ色。血が止まらないのかな。。

抗生剤注入二日目。

夜からポータブルトイレで便が出来るというのでベット脇にトイレを置いたので、今夜は長男と一緒にベットで寝ることにした。

さすがに狭い。案の定眠れなかったよ。
DSCF0795.JPG←砂嚢(さのう)を乗せて止血していた。。

  DSCF0797.JPG←ガーゼでがっちり止めてます。これも止血している   とのこと。。

posted by カスタムまむ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

検査入院3日目

腎生検の前に採血と点滴ラインの確保。

 

1345分に処置室へ。
処置を施す先生の他5名がいて、いろんな器具を準備したり…
すぐ終わるといえど消毒やら器具の量やら、簡単な事ではありません。
腎臓の組織を採取するわけだから、出血だって最小限に、一度で採取出来るように、と技術を要すわけで。

すぐ終わると思っていても、やっぱりこの不安は拭えなかった。

 

長男が要望したパンとサイダーを病院一階にあるコンビニで買ってきて病室に戻り、5分たったかたたないうちの1418分に病室に戻ってきた!

トータルで30分位か?
あっという間の腎生検でした。
そして麻酔から覚めるのも早く、病室に来てから5分位で動きだした。

ヒーヒー叫んでいたり、泣いたり、時間をしきりに聞いてきたり。

眼球が開き気味で小刻みに震えていてろれつも回らず。
頭を持ち上げるも安定せず。

30分ほどして眠りに入ってくれました。

 

今回は右側の腎臓から組織を採取しました。
腰の上に砂嚢を乗せています。

 

今回は担当先生が腎生検をしてくれ、こんなに早く終了したのも先生の腕がいいんだと思います。
見た目は次長課長の片割れに似ていて(かっこいい方ですよ=私が勝手に思ってるんだが)
講演やら学会やらで忙しくしている先生。
偉い先生なんだなと単純に思っていた位だったけど、長男の腎生検を通してやっぱりこの先生は立派だと実感!

 

改めて先生方に感謝いたします。

 

夕方に目が覚めた長男、麻酔もほぼ切れて、DVDを観ていた。
回診で砂嚢を取ってもらい仰向け寝になった。
そのままの体勢で夕食を食べさせた。
本人は動けないのがもどかしく、うつ伏せでDSをしていた所に担当先生が回診に来て「うつ伏せはダメ!仰向けでいなさい。自分の体重で腎臓を圧迫させるんですから」と。

本人には辛いけど、ちゃんとしていないと治りが遅くなるからね、大変だけど我慢しようと言い聞かせた。

腎生検後の3回までの尿を採らなくてはならない。
1回目がなかなか出ず絞りだして100mgだった。

尿の色はオレンジ色。
どうやら止血剤らしい。

消灯後寝るまで何ら変わることはなく、ひとまず安心しました。

一年前から腎生検をやることを聞いていたから、やっと終わった、そんな気持ちです。

あとは結果がどうなのかです。良くなっていることを願っています。

posted by カスタムまむ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

検査入院2日目

 昨日からの濃縮テストで採尿をし、その後はCCRという検査のため決められた時間で尿をためていくだけで後はのんびり。

1
日何もせずベッドにいるのはやっぱりキツい。

 

長男が退院してから13ヶ月経っているけれど、その時からいた子の名前を2人見付けた。
退院したけど再入院になったのか、ずっと入院していたのか…
いずれにしても大変だな。
本人も家族も辛いだろうな、、なかなか治らないのだろうか、、
複雑な思いがあった。

今日はのんびりDayなので、借りっ放しだった単行本を読み、好きなイラストをちと描いた。

イラストは主に子供の画を描いている。
思ったことと一緒に、後で見たとき「そんな時もあったっけなぁ」って思えるような。

ウマイヘタは別にして、描いて表現するのは好きなほう、なんです!

 

いずれ、スキャナー使ってブログに定期的に載せていくのが目標です!

posted by カスタムまむ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

医大、検査入院

12月に検査入院するはずが、新型インフルエンザにかかったため3月に延長になり、今日入院となった。

4人部屋の病室にはすでに3人いて、皆長男より年下。
長男は静かにDSしたりDVDを観たりしている。長男としては他の友達と仲良くしたいみたいだけど、なかなか出来ないもんだ。
自分から勇気を持って話しかけないとね、でも我が家の長男はおとなしいからきっかけがないと難しいかも…

 

入院初日、濃縮テストというものをするので夕食は乾燥食というコッペパン(マーガリン付き)とゆで卵のみ。
DSCF0794.JPG←ゆっくりと食べて腹を満たそうとしていた??

2回目のテストなので長男は前回と違って余裕を持って食べていた。

濃縮テストは腎機能を調べるためのテストだそうだ。
腎機能が弱っているとおしっこを濃縮して排出することができないので濃いおしっこなら良いらしいです。

乾燥食前の服用も少量の水で。
食べたら明日の678時におしっこを採る。
それまでは水分摂取は厳禁。
夕食は18時なのでそれから明日の8時まで水分も食べ物も摂れないのはつらいだろう。

さっさと寝たが勝ちか?

退院までまだまだ、でも先が見えない入院ではないから楽勝!?っす。

posted by カスタムまむ at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

医大通院14

11月まで毎月同じ日に通院だった友達と久し振りに会えた。
長男はその子に会えるのを楽しみにしていた。
DS対戦している位で特別話したりとかはしないんだけど、会えるというだけで嬉しいみたいです。

 

身長130.5cm 体重34.3kg

身長が前回より4cm減ってますが……

 

今日も採血時、後ろのベットで二歳かそこらの子が採血されていて泣いていた。
押さえ付けられて、動けなくて、可哀想だな…
子供は血管が細いから探し当てるのに時間がかかるし、刺し間違いもあって、大人みたいにすぐに終わるわけではない。

その子の泣き方が三男の少し前の泣き方に似ていて切なかった。

あぁ、あの泣き方って本当に助けを求めている時の泣き声だったんだなって、今更ながらわかった……
その時に私は三男をちゃんと抱き締めてあげただろうか?
安心感を与えることが出来ただろうか?

私は多分出来なかった。もう遅いけれど後悔した……

 

長男が珍しく「注射は嫌だな」と言った。

そうだよね、痛いの我慢するの嫌なのはみな同じだよね。


でも仕方がないとしか言えないんだよ。
病気を治すためには、自分も我慢しなければいけないことも必ず出てくるからね。

早く完治宣言を受けたいです。

紫斑病性腎炎は完治するタイプとは言われているけれど、やっぱり不安は拭えない。
現在までインフルエンザにかかったり熱を出したりしたけど悪化はしなかった。
多分大丈夫だろうとは思うけど、今年も一年この病気とお付き合いしていくことになるね…

posted by カスタムまむ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

三男のバースデー

2月は三男の誕生日。2歳になったよ!

 

思えば三男誕生から色々ありました。

三男は生後2ヵ月から保育園に預け仕事復帰。その頃から仕事辞めたい気持ちが膨らみ、気持ちの切り替えができるまでしばらくかかりました。

 

さらに、女の子が欲しかったという気持ちも治まるどころか益々膨れ上がって辛かった。

知人に対する激しい嫉妬、怒りを押さえることもなかなかできなかった。

これに関しては情けないことに、今だに切り替えができていない。
もうあきらめているし、人を妬んでもなんの得にもならない。
かえって自分の心が醜くなるだけだからね。
わかってはいるんだけど、もう少し、もうちょっとだけ続きそうです…

 

そして、長男の病気。

離乳食が始まってすぐだったからすごく心配だった。
なんとか出ていた母乳もすぐに出なくなってしまった。
ギリギリまで母乳を飲ませたかったからとても残念だったなあ…

 

いろんな事が変わっていく時期に、私は三男と一緒にいることができなくて、離乳食の大変さも深夜のミルクも記憶に乏しい。
その点、パパが頑張ってくれていたので改めて感心もしたなあ。

 

一歳をすぎて、突発性発疹で高熱を出したときに痙攣を起こし、焦った私は救急車を呼び、そのまま入院。
熱が下がったらすぐに退院になったけど、その後2回痙攣をだし、脳波検査をしたり…それ以降、熱が出るたび痙攣止めの座薬を入れることになったわけで。

 

一歳半頃からは、先生に目を付けられるほど活発で、かんしゃくもひどく、扱いが大変だった。店でも大声をだし、泣き喚き、床に寝転がりのけぞって…。

すぐにそんなだったから、私もこんなはずしゃなかった!とさらにマイナス感情が増えていた。
手がかかりすぎて、次男の意味不明な質問なんか無視、相手にしている余裕なんか全くなかった。
いつも三男に目が行き、私の心の余裕もなくなっていたと思う…

 

年末には、デパートでちょっと目を離した隙にいなくなって、マジで焦りました。店内走り回って探してもいなくて、外に出たらもうおしまいだと思っていたから…案の定というか、駐車場にいたそうだ!
家族連れの方が、親切にも三男を見付けて店内の店員さんに連れてってくれたから良かった。
そうじゃなければ三男は絶対道路に飛び出しひかれていた!
この時は、本当に生きた心地がしなかったよ…

 

こやつは三人の中で一番手が掛かる。

 

本当に手が掛かってくたびれる。

 

また一年たてば落ち着くと思って頑張っていくぞ。

 

おめでとう、2歳。

これからもよろしくね!
NEC_0488.jpgチョコケーキ、食べかけだけど、記念に・・・
     NEC_0490.jpgこのっ!ワガママ言って落としやがったちっ(怒った顔)
           いつも食事の時は下に新聞紙を敷いています。

posted by カスタムまむ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家の子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

医大通院13

身長134.3cm体重34.6kg

ともに前回をほぼキープ。体重はこれ以上増えないようにしないと…

 

いつもより人が少ないみたい。待合室でしばらく待っていたら、意外な人に会いました!

 

それは、入院中同室だった当時小学4年生の男の子!

長男が入院したときからいた子で、長男が退院してからはご無沙汰だったので気にはなっていた子だったんだ。

 

昨年に退院して今は少しずつ学校に通っているとのこと。
付き添いしているおばあさんにもお会いできて、変わらずだったのでとても嬉しかった。その子も退院してだいぶ落ち着いてきたみたいだし、元気みたいなので良かった。

入院していた9月から12月の間、同室で過ごしていた子には、その後どうしているのかが気になるよね。
一番気掛かりだったその子に会えて今日は本当に良かった。何よりも元気だったから。

 

長男も今回からプレドニンが1錠減り、隔日5mgになりました!!
プレドニンもとうとう1錠にまでなりました。あともう少し、次回の腎生検までインフルエンザにかからないよう気を付けていきたいです。

posted by カスタムまむ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

医大通院12

長男が新型インフルエンザにかかったために、予定していた検査入院は延期になり、クリスマスの日に通院でした。

一昨日から小学校は冬休みのため、登校の送り出しはないからいつもと変わらず出発できるかと思っていたら、急きょ次男を学童に送ったり、またなぜか慌ただしく時間が押していつもより遅い出発になってしまった。


さらにものすごく混んでいる!

採尿間もなく採血に呼ばれるのに2時間経っても呼ばれない。
先生に混むよとは言われていたが、今日は色々忙しい。
待っている時間が無駄に過ぎていくことに苛立ってきている。
さらに頭痛まででてきたもんだ。
やっと呼ばれ、薬の処方と尿検査の結果を教えてもらい終了。

採血は、月に二回以上は出来ないとのこと。
そんなことを知らなかった私は、採血に呼ばれないことに苛立ってたのがすごく無駄だったね。

血圧も上90台で調子もいいと。先生より「1年経って、インフルエンザになっても再燃しないから、治ってきているのかもしれませんね」と言われました!

そう言われたのは嬉しいけれど、採尿すれば血尿がいつも23+。
今日はタンパクも+だったし。
治っていればこんなの出るはずないでしょう?

いつになったら治ったと言われるのだろうか…

posted by カスタムまむ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

新型インフルエンザ

10日に二回目の季節性インフルエンザ予防接種を受けた長男。
その時熱は37.3度あり、喉も少し赤いですねぇ〜と言われた。


次の日、朝から八度近い熱があった為学校を休みかかりつけの病院に受診してきた。
結果は「風邪」とのこと。
紫斑病性腎炎の長男は、病気発症後から免疫抑制剤を服用しているため「免疫力が低い」ので、予防接種を受けたりすると熱が出たりもするらしい。
抗生物質のメイアクト、痰を出しやすくするムコダイン、発熱時使用のブルフェンを処方され服用した。

しかし、次の日早朝から40度あり、幻覚まで見えてるので再度受診し、インフルエンザ検査を受けた結果、新型インフルエンザと診断されました。
タミフルを処分された。
帰宅したらすぐに隔離。

しかし次男もこの日夕方から八度を越える熱が出てきたので次男も一緒に隔離。
次の日は日曜日だった為、休日のインフルエンザ外来に行き、次男もインフルエンザAと診断されました。

長男は新型、次男はA型。診断は違うけれど今インフルエンザにかかればAでも新型扱いらしい。

2人共発症から三日間は40度を行ったりきたりで辛そうで、四日目は熱は八度位に治まり元気になり、五日目でやっと平熱に戻りました。

隔離期間丸五日。三男は今のところ元気だけれど家族に感染者がいると保育園登園禁止なため、私も仕事を休まざるをえなく、三男と一緒に自宅に引きこもっている。どうか三男も発症しませんように。


私の勤務する職場の上司やみんなは、とても理解があり助かっている。
反面、子供の病気やらで休んでばかりで申し訳なく思う。
私が休んでいる間は上司や同僚が代わりに仕事をしてくれるので、自分の業務に私の分までしなくてはいけないから大変なはず。
本当に申し訳ないと思っています。


早く回復して来週から職場復帰したいです。
その前に私がうつってなければ、だけどね。

posted by カスタムまむ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

医大通院11

今日は今朝から雨模様。

長男は有り難いことに周囲の新型インフルエンザの猛威にかからず熱も出さず元気に過ごしている。

 

身長 134cm  体重 34.4kg
体重は横ばいをキープ、身長が先月より1センチ以上のびていた。
測り違いもあるのだろうけど、急な伸びに少々驚き。
ず〜っと退院時から同量だったネオーラルが減ったからかしら?

 

そして、待ちに待った新型インフルエンザの予防接種を受けることができた。
世間では11月中旬から最優先者の接種が始まったというのに、小児疾患を持つ長男は次回通院日にできたらします、ということで、すぐできるものだと思っていたから、今日の接種日まで待ち遠しかった。
ちなみにその間、三男は手足口病にかかり現在も水泡のなごりが痛々しい。
そんな中でも長男は元気だから大したもんだと思う。

あと、腎生検のための入院のことについて伺い、今日の通院は終わった。

腎生検をするにあたり、コメリアンコーワとワーファリンはよくないということで中止になった。いずれも血行を良くする薬らしい。

今日から納豆を食べてもいいという許可を得られたため、長男はうれしくてさっそく夕食に納豆を食べた。
納豆はまさに1年ぶり、もともとさほど食べはしなかったけれど食べれないと思うと食べたくなるのが素直な気持ちだろう。

早く食事制限もなくなるといいのにな。

posted by カスタムまむ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー性紫斑病/紫斑病性腎炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

手足口病

我が家の三男、先日熱を出し、皮膚科で診てもらった結果
「ヘルペス」と診断されましたが、本当は

「手足口病」

でしたふらふら

NEC_0430.jpg ←口の回りに水泡がたくさん→   NEC_0428.jpg

舌にも大きな水泡が、足にも出てきました。

NEC_0448.jpg←両手人差し指に大きな水泡ができました→NEC_0447.jpg


痛そうで、本人も気付いたように
「いちゃい、いちゃい」と言っていました・・・

2週間近く経っているけど
いまだに指に水泡の名残があり、皮もむけていて痛々しいです。。。

早く完治しまうように
posted by カスタムまむ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

三男の発熱

 一昨日から熱を出していた我が家の三男。
11時前に保育園から連絡があり、仕事を早退した。
今はインフルエンザが大流行なため、三男の通う保育園も
クラス閉鎖と再開を繰り返している。

かかりつけの小児科に電話したら、今でも30人待ちなので時間がかかるとのこと。

私が心配だったのは、インフルエンザかもしれない熱なのに「ダイアップ」(けいれん止めの座薬)
を使って大丈夫なのだろうか?ということ。

医者から電話で確認をいただいたが
「熱が出たら使ってかまわない」ということ。

よく考えてみて、ダイアップは、けいれんを起こさせないためだけの薬なんだな。
だから病気関係なく熱が出たら使って構わないんだ、と理解できました。

夕方に小児科に行くも、それでもまだ30人待ちとのことなので
次の日に行くことになった。

次の日も朝イチで診察券を入れてきたのに自宅待機で呼ばれたのが11時過ぎ。
インフルエンザの可能性があるため、個室で待機し
インフルエンザ検査を行った結果「陰性」でした。

扁桃腺が赤いので風邪ですね、とのことでいつものお薬をもらって帰ってきました。
昨日も40℃くらいの熱が出て身震いしたりしてつらそうだったけれど
今日は熱も下がり元気ではある。

でも、口の回りにニキビのようなぼつぼつがたくさん。
これは・・・?と思い
今日は皮膚科に行ってきた。

「体力低下により、普段は仲良しの菌が悪さをしてできたもの(ヘルペス)だから、
様子をみましょう」
とのこと。

ヘルペスかあ・・?
ヘルペスってよく聞くけど、放っておいて大丈夫なものなのだろうか?

お尻やよくみるとうっすらだけれど足にもいくつか赤い斑点があるようだ。
そして舌にもポツポツがあった。
だから数日前から「いちゃい」と言ってよだれだらだら垂らしているのか。

今週は三男の発熱で予定外な休みをとり、身動きとれなかった。
しかも、病院は小児科も皮膚科も激混みで、
我が家の三男のようなちっともじっとしていない子供では本当に大変です。
posted by カスタムまむ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

公園での出来事

 この間の日曜日、長男と次男を待っている間
三男を連れて近くの公園まで行ってきた。

そこの公園は小さな公園で、滑り台や砂場、ブランコ、鉄棒があるくらいだけれど
三男は滑り台をやりたくて真っ先にそこに向かっていった。

滑り台には先客がいた。
男の子3人と父親1人。

三男が滑り台の階段を昇り始めると
1人の男の子が
「立ち入り禁止」「立ち入り禁止」
と言いながら上で立ちはだかり、
しかも!

上から三男に向かってつばを2回吐きかけてきたんだ!

「使っちゃだめなの?」
「なんでつば吐くの?」
と言ったものの
激しい怒りがこみ上げてきて
ウキウキ気分の三男を階段からひっぺがえし
ズンズン早歩きでその場を立ち去ってきた。

三男は、急に連れて行かれたものだから大騒ぎ、
車の中でも大泣きしていて、ご機嫌が直るまでしばらくかかりました。

しかし、
父親は子供の行動を見ていながら全くの無視。
私の発言だって父親には聞こえていたはずだ。
なのに
子供を戒めることもなく、
三男が来た時にだって、「違う子が来たのだから少しは譲りなさい」
とかの声かけがあっても良さそうなのに全くそんなこともなく、、、

この父親あってこの子供なんだな!

と思いつつもかなりの怒りを鎮めるのに私も時間がかかった。

やってはいけないことを当たり前に教えるのが親ってもんだ。
そんなこともできない親。
見て見ぬふりの親。

このような親はごく一部であるのだろうけれど・・・ね。

いやな出来事でした・・・
posted by カスタムまむ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

盛岡市動物公園

盛岡市動物公園に行ってきました!

お天気も良く、ジャンバーを着ていかなくても大丈夫でした。

NEC_0400.jpg正面ゲートから目の前が猿山。我が家の3兄弟、見入ってます。

敷地も広く、三男はバギーに乗せていこうとしたら、歩くんだ!と駄々こねて・・・
約2時間半いたけれど、殆ど自分の足で行動していました。

NEC_0405.jpgプレーリードッグ。小さくて、動きも細かくかわいい。

盛岡市動物公園に来たのは2回目。

まだ三男が生まれる前に、長男が5歳、次男が3歳の時に来ました。
その時は、入場した時間が閉館近かったので、十分に見て回れなかったので

今回はじっくり、ゆっくり見ることができた。
NEC_0406.jpgお馬さんに草をあげました。 必死で唇を伸ばす馬・・・

   NEC_0407.jpgヤギです。迫ってくるヤギに3男ビビり・・・

NEC_0408.jpgラマのお尻!姿がなんだか愛らしい

帰りに売店で次男にみみずくのぬいぐるみを買ってあげた。
長男はどこにでも売っている宝箱・・・

次男は、ここで買ったみみずくのぬいぐるみを気に入ったようで、大事にしてくれています。

三男がもう少し大きくなったら、また盛岡市動物公園に来たいとおもう。
そして、広場でのんびり一日過ごしたいなと思いました。

posted by カスタムまむ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

我が家の3兄弟

先日の一コマ

NEC_0381.jpg←お兄ちゃんのカードをいたずらしている三男→  NEC_0380.jpg

先日、市内の公園に子供と4人で遊んできました。
この日は肌寒く、立ち止まっていると寒いくらいだったけれど、
走り回っていた子供たちは、暑くて汗をかいていた。
NEC_0384.jpg猪突猛進の三男の後で見張ってくれている長男
   NEC_0387.jpgバギーを自分で押したがるも、そこが坂で必死に進んでました。
     NEC_0389.jpg落ち葉をふんづけて遊んでいる次男

休日は、のんびり起きて掃除洗濯をし、食事をとってから子供と一緒にどこかに行く
というパターン。

子供も家にいるだけではつまらないようで、どこかに行かないの?と聞いてくる。
お金を使わず、楽しく時間を過ごせる場所を探すのに、いつも苦労している・・・
posted by カスタムまむ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。